揖保の糸なら産地直送のはりま製麺

RSS

捨てないで! スタッフによるそうめん木箱の簡単リメイクをご紹介♪

「そうめん木箱って処分する時に困るのよねぇ~」って声をよく耳にします。

う~ん。。。
それなら捨てずに空き箱リメイクはいかが?

ポイント① 女性の力でも、意外と簡単に側板を外すことができます。        

ポイント② 外した板に付いていた釘は、再利用することも可能です。

ポイント③ 上蓋や外した側板は、カッターで切って仕切りなどに使えます。

ポイント④ 木工用ボンドで接着し、必要に応じて再利用の釘を打ちます。

ポイント⑤ お好みのペンキを塗ってもいいですよね♪
        バターミルクペイントを塗ってナチュラルに。。。
        ブライワックスでアンティーク調に仕上げても素敵~( *´艸`)

それでは、女性スタッフが作った作品例をご紹介いたします。


例: 食器棚の収納力アップ
   超簡単! 長い方の側板を1枚外してひっくり返しただけ♪
   今まで重ねて置いていた下のお皿も取り出しやすくなりました。
 


例: ミニ木箱で小箱
   そのままでもかわいいミニ木箱にお気に入りの布を貼っただけ♪
   さらにお好みでレースをつけたり、、、塗装するのも良いですよね。
   かわいさ無限大!



例: マガジンラック
   長い方の側板を外し、正面に木工用ボンドで貼り付けます。
   他のリメイクで余った側板を正面に2~3枚追加しています。



例: キッチンツールラック
   2個のそうめん木箱を木工ボンドで上下に連結。
   塗装した後に百均で購入したアンティーク調フックをつけました。
 

※ 長いキッチンツールを掛ける場合は、2個が繋がる部分の側板を取り外してから連結すればOK♪



例: 奥行きのあるキッチンラック
   2個のそうめん木箱の底板を取り外して木工ボンドで連結すれば、奥行きのある棚の出来上がり。
   板を取り外した底同士を接着しているので、サイドに少しの隙間が現れます。
   それもまた可愛い~♪  

※ 同じものを洗面台下で使用してみました~♪



例: 卓上オープンシェルフ
   長い方の側板を外して(×3個)、サイドに柱を取り付けました。
   お気に入りの雑貨を飾って癒し空間に♪
   お子様のシューズラックとしても♪ 揖保乃糸の長さは19cm! そのサイズまでの靴ならOK!



例: 卓上ミニチェスト
   横幅がドンピシャなサイズに巡り合えた時はこちらはいかが?
   高さは、外した側板を間にかまして調整しています。
   塗装後、百均で購入した取っ手を取り付ければ、そうめん木箱がオシャレに大変身♪
 


例: 書類棚(職場編)
   そうめん屋さんだからこそ出来る大量木箱を使った棚。
   1箇所に前後&上下で4個使用して合計80個使っています。
   さらに底上げにも6kg木箱を16個使用。
 


例: パレットとのコラボで壁風に(職場編)
   そうめん木箱をマガジンラックに仕上げ、パレットに釘で固定して壁風に♪
 

   ↓ ↓ ↓  上部にはフタを張りつけました~  ↓ ↓ ↓ 
 




他にもいろいろできますよ~♪










他にもスタッフブログでご紹介しておりますので、ぜひ遊びに来てくださいね~♪
★ スタッフブログ「どん麺のひとりごと・そうめん木箱リメイク」はこちらで~す。
    ↓ ↓ ↓
https://blog.livedoor.jp/harimanosato/archives/cat_50048556.html



皆さまからの「こんなのできたよ~」っていう作品も募集しておりま~す♪(粗品進呈)


お客様の作品のご紹介です

台所の引き出しに!



毎年、特級品縄掛け木箱入りそうめんをご購入いただいている「もと」様より
素敵なお写真を頂戴いたしました。
ご自宅のリフォーム時に、たまった木箱を台所の引き出しにされたそうです。
パッとみただけでも、5個のそうめん木箱が使われていますね。
取り付けていただいた取っ手を引き出すと「揖保乃糸」の文字が出てくるという奥行きある利用方法にビックリいたしました!
ぜひとも参考にしたい素敵な活用方法ですね♪
素敵なアイデアをありがとうございました。

揖保レレ♪




スタッフブログ「そうめん木箱の再利用」記事をご覧いただきましたお客様より、揖保乃糸の空き箱で作成した楽器の画像が届きました~♪
お作りくださったのはなんと!
  「ウクレレ」!!
制作途中の画像もたくさん送っていただいております。
揖保乃糸とウクレレで「揖保レレ」というネーミングまでいただきました。
演奏してみると、普通~にウクレレの音とのこと。
素晴らしいですね♪
ぜひ、音も聞いてみたいものです。
この度はありがとうございました。

ページトップへ