揖保の糸なら産地直送のはりま製麺

<G20大阪サミットに伴う遅延予告>
大阪市内にてG20サミットが開催されることに伴い、大阪府内で大規模な交通規制が行われます。
この影響で、6/27(木)〜7/2(火)頃まで関西地域へのお届けに遅れが生じる可能性がございます。
また、発送元となります当店自体が関西にありますため、交通規制状況等の影響によっては対象地域以外にも遅れが生じる可能性がございます。
※ 大阪府(全域)、兵庫県(芦屋市、尼崎市、伊丹市、西宮市)あて商品は日時指定をお受けすることができません。
あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。




<送料等改定のお知らせ>
誠に申し訳ございませんが、2019年5月1日以降の受注分より送料を改定させていただきました。
  北海道・沖縄・離島 1,500円(税込)、 その他の地域 700円(税込)
  ※只今キャンペーン中につき、同一配送先の商品代金合計3,000円(通常6,000円)以上で送料無料♪(〜8/20まで)  
また送料無料の商品におきましても、価格を変更させていただいております。
何卒ご理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


RSS

手延製と機械製の違い

製法
手延製は、10cm幅ほどで切り出した麺を数本縒(よ)りあわせた後、伸ばして伸ばして細く仕上げていきます。
機械製は、帯状に伸ばした麺を切刃と呼ばれる装置で細く切断して仕上げます。

手延製では、熟成したり、麺を伸ばす時に、麺と麺がくっついたり、麺生地が乾燥することを防ぐため、少量の綿実油を表面に塗布します。

製造時期
手延製(揖保乃糸)は、10月から4月の時期にしか製造されません。冬場の冷たい水、乾燥した空気が、おいしいそうめんに欠かせません。
機械製は、年中通して製造を行います。

ページトップへ